全和室6部屋に専用の天然温泉露天風呂を完備。霧島連山の雄大な自然に包まれて、旬の料理と温泉三昧で過ごす時間。くつろぎのひとときと癒しの空間を心ゆくまでご堪能ください。

「宮崎 えびの」の旬の素材を活かした「会席料理」や自慢の黒毛和牛がご堪能できる「溶岩焼き」。こだわりのお料理をお召し上がりください。

お肉

 四季を通じて大自然に恵まれた大地で「より良き宮崎牛づくり」に励む農家のまごころが作り上げた宮崎牛。宮崎発熟達の味、宮崎牛をどうぞご賞味ください。

とんかつ・豚しゃぶ⇒宮崎県産の味彩豚

 無菌豚で、脂身は黒豚と引けを取らないほど甘く、赤身はさっぱりし、小味がきいててとてもヘルシーです。

大事に育てられた「味彩豚(SPF豚)」美味しさとは、保水性が高いので、うま味を逃さず調理できます。赤身の部分に適度な脂肪が含まれジューシーです。肉質がきめ細かく、やわらかな食感です。

脂肪は白くあっさりしています。気になる豚独特の臭みを感じさせません。

魚介類

 南北に長い海岸線を持つ宮崎は、海の幸の宝庫です。
黒潮が流れ込む日向灘が育む魚介は種類が豊富で、一年を通して旬の魚を味わうことができます。
身が締まった獲れたての味は格別!
漁獲量も多く、近海カツオ、マグロの水揚げ量は日本一を誇ります。

鶏肉⇒宮崎県産日南どり

 ビタミンEを豊富に含んだ飼料を使用。生菌剤「カルスポリン」を飼料に加えているので、「おなかの中から健康な鶏」に育っている。肉の脂肪と臭みを抑えて、うまみを引き出している。

野菜

 宮崎県は日本でも有数の野菜・米・茶の生産地です。
「日本の食料供給基地(しょくりょうきょうきゅうきち)」とも呼ばれています。
 さんさんと降りそそぐ太陽、めぐみの雨、温暖(おんだん)な気候(きこう)条件に加えて、農家の知恵(ちえ)や努力が、日本の食卓を彩(いろど)る宮崎県の野菜の生産を支えています。

米⇒宮崎県えびの産ひのひかり

 宮崎県えびの市は鹿児島県、熊本県にも隣接している交通の要の場所です。四方を山に囲まれ水資源にも豊富なここの田園地帯は日本のコメどころ百選にも選ばれた場所でもあります。

太陽の恵みを一杯浴び、田の神様が見守る中、えびのの美味しと評判の米「えびのヒノヒカリ」は収穫されていきます。昔から島津の殿様も食べたと言われる米どころです。

えびのの美味しいお米は太陽と水が命、霧島連山の豊かな湧水が川内川に流れ、えびのの水田を潤していきます。そしてえびの特有の寒暖の差が(十度違う)えびのヒノヒカリがとっておきの味になる秘密なのです。

水⇒霧島連山から湧く霧島山系の水

 南九州地方特有の広大なシラス台地で長年にわたり、自然ろ過された清浄な湧水は、カルシウム・マグネシウム等のミネラル成分の他、日本国内では数少ないシリカが豊富に含まれています。

その他

  • イセエビ → 日南 ・ヤリイカ→呼子 ・アジ→天草 ・カンパチ→垂水・長崎
  • うどん・そば粉 → 九州関内産
  • だし → 昆布 → 一枚昆布
       → ぶし → かつお・さば(鹿児島県枕崎産)
  • 醤油 → 醤油会社と当社の契約で独自にブレンドしています。

うどんついて・・・

 うどんと水・塩は、塩分は割合にて作ってます。濃度は言えませんが季節によって変えてます。
夏場は塩分濃度は少し濃く、冬場は塩分濃度が少し薄くしています。

フッターメニュー